信友ムラゼミ「學ぶ」シリーズ 日米お産サミット リポート

2016年7月18日に 信友ムラゼミ「學ぶ」シリーズ 日米お産サミッ開催いたしました。以下、その内容を要約いたします。

 

1)基調講演

「日米、お産の文化と助産システムのあり方をめぐって」

 〜アリソン・ショート博士(イェール大学看護大学院准教授)

  

出産に伴う’ド悗体験するだろう感動(居心地の良い安心感と溢れるばかりの希望の最大化)と、安全(医療介入の最小化)との最適のバランスを実現するモデルを日米間で比較し提示する。

 

妊婦の産む力への「信頼」と、妊婦に関わる助産師・医師・病院間の「協調」、これらの二つを支える「教育」とが最適モデルの要素となる。

 

結論

助産モデルが最適である。

 

 

2)講義「にっぽんのお産の持続可能性」

 〜きくちさかえ(立教大学兼任講師)

 

生殖医療に期待する若い女性たちの増加

 痛みを伴わない出産へのあこがれ等

 

産後鬱の増加と自殺

 

結論

顕著化してきた産む力の衰弱という現実

 

 

3)ゼミタイム

以下の方々からのデータの提供や気になっている事柄を基に、お産の「文化」にとって何が根源的な問題であるかを探っていった。

 

〜藤村久司(高校教諭)、斎藤眞紀子(umiの家)、西村彩(ライター)、薬師寺道代(参議院議員)、信友智子(春日助産院)

 

 

産科診療所が、歴史的には助産機能を基軸に出産の過半数を担っていた。
高度経済成長期になり、産科医が陣痛促進剤と吸引分娩手法を手にした結果、医療介入が日常化し管理優先の出産が主流となった。
同時に、女性にセックス・妊娠・出産への抵抗感が高まり、晩婚・晩産化・”産ませてもらう”、これら新たなニーズに対応した医療技術が普及した。
最大の問題
〇困猯呂悗量鬼愎瓦気定着した ; 出産の医療化

△い弔任盂擇貿タ院出産できるという誤認の蔓延

Gド悗求めている関係性・継続性ニーズへの不対応、そして助産師のサラリーマン化

っ棒発想型(左脳優位)の各種制度の存在

 

 

 

recent comment





   

calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
others